FC2ブログ

学び舎

TW2に在籍する「多鎖・薫」、TW4に在籍する「キース・アシュクロフト」のキャラブログ。知らない方は回れ右。 知って頂けている方はようこそ。暇潰しにでもどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告

10.22.2008
…夢を、見ました。…懐かしい夢を。

…おかげで、少しも眠った気がしていません…。(苦笑)

どうして。今頃になって…こんな夢を…。

*****

真っ暗な座敷牢。
もう雪も降る季節だというのに、着せられた服は巫女服のみ。
防寒具は毛布一枚。手も足も、凍っているかのように冷たい。
髪は切ることもできず、伸び放題。立ち上がればきっと、地に着くほど長い。

―――…寒い。

体のあちこちに生々しい擦り傷や痣。
もっとも、自分の体には治る傍から増えていくので、見慣れたものだが。
……今までの幸せな生活は夢だったんだろうか。
牢から出て、学校に通って、沢山の友達に囲まれて、楽しく…―――

ガタン

牢の扉が開く音がした。家と牢を繋ぐ扉。
両親が此方と家を分ける為にわざわざ作った扉だ。
ああ、ようやくこの時間か…。

『にいさ…』

“兄さん”と呼ぼうと顔を上げたその目に映ったものは、兄ではなく。
片手に包丁を握り締めた母親の姿。

『お前が悪いのよ…お前が居るから陸都は…。…お前なんか…』

恨みがましいような声音で呪うように呟くと共に、
がちゃり、と牢の扉を開く音がする。
…そうだ。この日に、兄さんは行方が判らなくなったんだ。
――…あれ?何でそんな事、知っているんだっけ…?

『…お前なんか…×××××××××××××××!』

その母親の叫び声と共に包丁が振り上げられた。
動くのも億劫で。何もかもどうでも良くて。
母親の当然とも思えるような呪詛を聞きながら、静かに目を閉じた。

*****

…そこで、目が覚めた。頬に触れると少しの雫が指を濡らした。
ベッドの中は暖かくて、そこは家でも無いのに。
一人で居ることに何だか寒気を感じて、ベッドに潜り込んだ。
    posted at 14:27 | 戯言 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

プロフィール

キース・アシュクロフト、多鎖・薫

Author:キース・アシュクロフト、多鎖・薫
===================
 この作品は、株式会社トミーウォー
カーのPBW『サイキックハーツ』用
のイラストとして、茜が作成を依頼
したものです。
イラストの使用権は茜に、著作権は
ravioに、全ての権利は株式会社ト
ミーウォーカーが所有します。
===================

グリムス

最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。